調査役から一言

アニメとか闘病記とか

【膵臓腫瘍(SPN)】嫁さんの膵臓に腫瘍が見つかった(その⑫:再退院から1年2ヶ月経過)

2019年末に受けた人間ドックで嫁さんの膵臓に腫瘍が見つかった。

(その⑫:再退院から1年2ヶ月経過)

自分自身の整理のため、あと配偶者の立場から見た状況を書くので、同じ境遇の人の何かしらの参考になればと思う。

病名は「SPN:Solid pseudopapillary neoplasmである。日本語名は無いっぽい。比較的若い女性に出来やすいそこそこレアな病気らしい。悪性率は低く、今のところ良性とは言われている。(初回診断当時は)痛みなどの自覚症状は無し。

 

前回記事はこちら↓

takerururu.hatenablog.com



 

再退院から約1年2ヶ月経過。

正直、もう書くことは無い。

ただ、「完治」では無いらしい。

 

 

<目次> 

 

【家族構成】

一応、家族構成を書いておく。一般的な4人家族。全員、今まで大病を患ったことはない*1

  • 俺:アラサーSE
  • 嫁さん:アラサー専業主婦
  • 娘:5歳児。元々なのか幼稚園組だからなのか、おてんばで何も言うことを聞かない
  • 息子:2歳児。昼も夜もとにかく泣く。離れると泣く。かと言って抱っこすると肩を噛んでくる。んで下ろすと泣く。

 

 

【ざっくり時系列】

 

2021/12下旬(再退院:1年2ヶ月目)

気が付いたら2021年末。2020年は膵臓で始まり膵臓で終わった形であった。ただ、2021年、夫婦間で膵臓の話題はほとんど出なかったと思う。

 

手術から1年半弱くらいになるのだが、嫁さんのお腹を見る度に壮絶な手術だったんだろうなと思う。たまに傷跡が痒くなるらしい。嫁さんは手術してからお酒を断っている。元々そこまでお酒を飲むタイプでは無かったのだが、たまにノンアルビールを飲んでいて、「ビール飲みたいなぁ・・・」と呟いている。

 

実際に医師から「絶対禁酒」と言われているわけではないらしい。ただ、真面目な嫁さんなので、完治するまで飲まない、と決めているっぽい。

 

 

では、「完治」しているのか。

 

 

数か月前の定期健診で担当医師に聞いてみた。

お酒のこともあるが、今回の件で”保険”のありがたみを強く感じたので、いま加入していないガン保険に入ろうと思ったのだ。ただ、手術歴があると、「完治」していることが加入の条件、とのこと。それもあって「完治」しているのが重要なのである。

 

 

医師 「完治?してるんじゃない。」

嫁さん「あ、よかった。保険の加入で完治していることが条件だったので。」

医師 「あ、そういう意味?・・・んー、、それだと完治って断言しづらいというか。」

 

 

なんやねん

 

 

やっぱりオフィシャルに「完治」と医師判断するのは難しいらしい。一番苦しめられた膵液漏は再発していないのでこれ自体は完治。ただ、大元のSPNが完治したのか、と言われると摘出はしたものの、完治の基準が曖昧なのだろう。

 

おそらく、数年後の最後の定期検診が終わったら完治なのだろうか。

 

本当はこの完治宣言を受けてこのブログも最終回にしようかと思ったのだが、なかなか難しそうだ。

 

ただ、前回の記事から8ヶ月も経っており、闘病ブログで更新が途絶えると読み手にソワソワさせてしまうような気もして、本記事をアップデートした。

 

なので、今後も特段書くような出来事は無さそうだが、年に一回くらいのペースで更新はしようと思う。

 

 

 

【次回】

では、何もなければ次回は2022年末くらいに。

 

 

 

その⑬に続く。

 

*1:別記事で私の顔面麻痺について書いているが、私的大病はそれ。

【ブログ】300点台からのTOEIC受験記(その⑤:TOEIC受験1回目以降)

「英語」、それは永遠の課題である。

 

学生の頃から英語が苦手で、大学受験は英語科目が不要な大学を選び、社会人になっても英語からずっと逃げ続けていたが、急に思い立ってTOEICの勉強をし始めました。

300点台からのTOEIC受験記をブログに残していこうと思います。

(その⑤:TOEIC受験1回目以降)

 

前回の記事はこちら↓

takerururu.hatenablog.com


 

<目次>

 

TOEIC受験1回目以降

TOEIC受験1回目が終わった。

何度もTOEIC自体は受けてきたが、ちゃんと勉強して真面目に受けたのは初めてであった。その間の勉強は基礎部分と全てのPartをひと舐めする形。

 

さて、2回目に向けてどうしていくか。

 

 

リスニングに全振り

1回目の受験時、最初のPart1のリスニングすら分からなくて早々に心が折れそうになった。ここのリスニングが分かるようになると自信に繋がるし、逆に言うと伸びしろがあるのだろうと思い、2回目の受験まではリスニングに全振りすることに決めた。

 

 

スタディサプリのPart1とPart2対策

TOEICのリスニングはPart1~4まである。

Part1は画像問題、Part2は短文問題、Part3/4は長文問題。私のレベルではPart3/4には歯が立たないので、Part1/2に全振りすることに決めた。

かつ、私は英語勉強自体をスタディサプリに全振りしているので、サプリ内*1の「パーフェクト講義」「実践問題集」をやることにした。

 

まずは「パーフェクト講義」のPart1/2対策を2周。当初、Part1の問題でも何回聞いても聞き取れず、”これ出来るようになんのかな、、”と思っていたのだが、やはりやれば上達するもので、2周目では、”なんで前はこんなん聞き取れなかったのかな、、”と思うくらいになった。

 

学生時代から英語が得意な人は分からないかもしれないが、英語が超できない人にとって、”聞き取れる英語がある”という事実に少し興奮していた*2

 

「パーフェクト講義」内の関先生の講義は非常に分かりやすい。have been p.p / be being p.pの聞き取り、積み上げ画像問題のstack / pileの頻出、など即効性のあるテクニックを学べる。それだけでなく、単語や定型文の成り立ちなども伝えることで受講者への記憶の定着や応用力も付けてくれる。

 

「パーフェクト講義」を2周やった後、「実践問題集」の10回分を1週半程度実施したところでTOEIC受験2回目に突入する。

 

 

次回

2回目のTOEIC受験。

 

 

 

*1:アプリ内、と言った方が良いのか?

*2:前も同じようなこと言ったかもしれないが。

【フィギュア感想】Myethos(ミートス):初音ミク 韶華

Myethos(ミートス)のフィギュア「初音ミク 韶華」を購入。感想や評価を書いていきます。

 

最初に一言で言うと、「気になっているなら買って損なし」

f:id:takerururu:20211226235045j:plain

Myethos(ミートス)のフィギュア「初音ミク 韶華」

商品名:初音ミク 韶華

スケール:1/7 (約250mm スタンド付き) 

材質:ABS&PVC

発売日:2021/10

上記公式ホームページから転記させてもらいました。(中国語っぽいフォントもそのまま)

日本での定価は「26500円」のようです。

 

制作会社「Myethos」

Myethos(ミートス)と呼びます。調べてもあまり情報が出て来ないのだが中国の会社とのこと。フィギュアに造詣が深い中国人の同僚からこの会社を教えてもらったのがきっかけで初音ミクのフィギュアを購入した。

公式ホームページに製品情報が載っているのだが、ラインナップは「なぜそのキャラを・・?」と思うようなものも多い*1。ただ、いずれも非常にクオリティが高いものに仕上がっている。

そのホームページは会社概要が何も書いてないなど、若干の怪しさを醸し出しているが、フィギュアの品質は確りしていた。実際に購入した私が言うのだから間違いは無いはず。特に包装が良く出来ている。細かい髪の毛部分には薄いクッション材を丁寧に挟んでおり、商品を大切に扱っている印象を受けて非常に好感が持てた。

うむ。定期的にMyethosのフィギュアをチェックしようと思いました。

www.myethos.cn

 

中国っぽい初音ミク

制作会社が中国だけあって、フィギュアの世界観は中国になっている。きわどいチャイナドレスを着ており、肌の色とそこそこ同色であるため、ぱっと見ちょっとエロいのだが、いやらしさは感じないという良い塩梅に仕上げてきている。

f:id:takerururu:20211226235116j:plain

ちなみに後ろ姿はこんな感じ

 

全体の円の縁取りが中国っぽいなとは思うのだが、椅子では無く、鉢を置く棚に座っているのは何でなのか。また、鉢の周りにミクの髪の毛がまとわりついていて、若干衛生面が気になってしまう(フィギュアだけど)。などの細かい点はあるが、所詮些事ではある。

 

左手は脱着可能

この何というか中国式の団扇なのか分からないのだけれど、左手に団扇っぽいのを持っている。これはこれで口元を程良く隠して奥ゆかしさを感じるのだが、口元も絶妙な口角で良い表情をしており、じっくり見させてほしい。

ということで、本フィギュアには団扇を持っている左手と何も持っていない左手が同梱されており、脱着可能なのである。(逆に言うと左手以外はイジれるところは無いです。)

f:id:takerururu:20211226235141j:plain

何も持っていない左手に変えるとこんな感じ

 

偽物には気を付けて!

一番言いたいのはコレである。私はAmazonで本フィギュアを購入したのだが、偽物が横行している状況になっている。私が購入した2021/12時点で、「ミートス 初音ミク」で出てくるAmazonの商品の値段は6000円程度である。そんなわけない。商品画像自体は本物なのだが、販売元によって値段にバラツキがある。というか、安いのが偽物で、定価の26500円前後の商品が本物だと思ってくれて良い。

Amazonレビューを見る限り、「KaniHobby販売」という販売元が信頼できるとのことだったので、私もKaniHobby販売を選んで購入。確り本物が送られてきました。

↓にAmazonのリンク張っておきますが、その安い値段そのままで絶対に買わないように。少なくとも「KaniHobby販売」だったら本物を購入出来た実績がありますので、そこ経由で。(決してKaniHobby販売の回し者ではないのだけれど。あと最終的には販売元の選択は自己責任でお願いいたします。)

 

*1:ダンガンロンパのセレスとか

【ラノベ感想】なれる!SE3 失敗しない?提案活動(評価レビュー:B+)

なれる!SE3 失敗しない?提案活動、読了。考察というか、評価や感想を書いていく。

 

本作、まさに私がSEを志して就職活動をしている時に刊行され、ずっと気になっていたのだが、なぜか今まで読んでいなかった。そして、無事にSEになって早10年。夜勤明けに軽いラノベが読みたくなり、なんとなく「なれる!SE」を手に取った*1、という経緯である。

今回はその第3巻です。

以下総括。

  • 分かりやすい設定、軽快な文章で読みやすい。(以前から変わらず)
  • 大企業からのRFP回答を作るお話。
  • ドラマチックな物語にした結果、ご都合主義の展開が散見された。

nareru-se.dengeki.com

 

前巻の記事はこちら↓ 

takerururu.hatenablog.com

 

大企業からのRFP回答を作るお話

今回のメインストーリーは、大企業である専門商社の業平産業からDR環境構築に関するRFP受け、その回答を作るお話。主人公が勤めているスルガシステムでは、営業担当は社長一人。ただ、社長は業平産業の担当者に接待をしようとした結果、先方の社内規定に違反し出禁をくらう。でも、DR環境構築案件を受注したいため、社長は主人公の桜坂にRFPの説明会に出席するように頼むところから物語は始まる。

私もSEではあるが、ユーザー系企業なのでどちらかというとRFPを出す側である。「案件を勝ち取る」という営業的な感覚を持っていないので*2、独立系やメーカー系は大変やなぁ、とぬるま湯に浸かった感想を持ってしまった。

 

ドラマチックな物語にした結果、ご都合主義の展開が散見

やはりこういう物語の場合は、競合する大企業を出し抜いて弱小企業が独自のアイデアなどを駆使して案件を勝ち取る、というドラマチックな展開にせざる得ない。

本作も例に漏れずそのような展開になる。結果的に、ご都合主義の展開が散見されて「どっかで見たことのある話」になってしまった印象。また、作中で桜坂が先方企業のオフィスにアポなしで毎日訪れるなど、ちょっと常識としてどうなの?と思ってしまう場面もあった。

 

 

相変わらず、読みやすくテンポの良い作品ではあるのだが、上述した残念な点はあった。次巻はPMの話なので、個人的には期待しようと思います。

*1:電子書籍だけど。読みたい、と思ったらすぐに読めるので本当に良い時代になったものだ。

*2:会社員としてそのような心持で良いのか、という指摘は甘んじて受けます。

【アニメ感想】乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X(評価レビュー:B)

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X、通称「はめふらX」、視聴完了。考察というか、評価や感想を書いていく。

 

本作、2020年春に放映していた「はめふら」の2期である。1期は私の中ですこぶる高評価であり、この2期も期待していた。が、結果は何とも言えない形となってしまった。

以下総括。

  • 1期で作品としてやりたいことは全部やった結果、本作は何を目的としていたのかが最後まで分からなかった。
  • 全体的にそこまでひどいわけではないが、1期が良かっただけに落差が激しい。
  • もはや大して中身の無い「ファンディスク」である。

hamehura-anime.com

 

ちなみに、非常に評価が高かった1期のレビュー記事は↓になります。ご興味あればどうぞ。

takerururu.hatenablog.com

 

「破滅フラグ」を回避した後のお話

本作は異世界転生もの。転生元世界でやっていた乙女ゲームの世界、さらに厄介なことに乙女ゲーム内の破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまう。ただ、主人公はある程度この乙女ゲームをやっていたため「過程」と「結果」は知っている。そのため、その過程を辿らず、結果を変えるために奔走する物語。

1期のレビュー記事から引用させてもらったが、そもそものあらすじは上記になる。1期のラストでは無事に「破滅フラグ」を回避することに成功した。んで、本作はその後の物語である。

f:id:takerururu:20211103230844j:image

 

1期で作品としてやりたいことは全部やったはずで、だからこその高評価であった。その上での2期なので、どういう切り口で描いてくるのかが気になっていた(半面、不安でもあった)。

そもそもとしては全体的に分かりやすい設定であり、「破滅フラグを回避する」というゴールが明確な中、カタリナの人柄に各キャラも視聴者も惹かれていき、みんなが幸せになっていく過程をコミカルにテンポ良く描く、という本作品の良さがあった。

 

ただ、同様の方針ではあるものの、既に破滅フラグを回避し物語の核を失った2期。目指すところが分からない中で今までの流れを継承しても、感想としては「退屈」となってしまった。

 

2期のストーリーは特段何かが始まるわけでもなく、改めて各キャラがカタリナに惹かれていった背景などを深堀している。別に良いんだけど、わざわざ2期まで作って描く必要があったのだろうか。一時期流行った各キャラの性転換などの描写もあり、もはやこれは「ファンディスク」だなと思ってしまった。

 

一番肝心な「主人公の良さ」が失われた

「はめふら」という作品の一番の良さは主人公であるカタリナのキャラクターであると考えている。上述したようにカタリナの人柄によって、他キャラだけでなく視聴者までも幸せな気持ちにしてくれた。ただ、2期では”ここぞ”という時に頼りなく、考え無しの行動が目立ち、周りがフォローをすることで何とか収まる、というシーンがあり、主人公の良さが失われてしまったようだった。

 

1期で時間を掛けて構築した、主人公が周りに好かれている、という設定を2期で安っぽく消費しているようであまり良い印象を持てなかった。

(でも悪役の表情は相変わらず良いよね↓)

f:id:takerururu:20211103230906j:image

 

何とも言えない着地

そこそこ酷評をしてきたが、挽回するならラストの着地の仕方だと思っていた。が、その着地も何とも言えない形となってしまった。

 

ラストはキースにフォーカスが当たるのだが、なぜキースに?という疑問が沸きつつも、「ああ、この物語を終わらせるつもりはないのだな」と感じてしまった。そのラストは良くある話でストーリーもキャラ設定も着地も安っぽく、ましてやガッツリ続編をやるつもりの描写もあり、非常に残念であった。

また、多少アクションシーンもあったのだが、視聴者は本作にアクションを求めていないし、大してクオリティも高くないしで良いところなし。

 

 

せっかく1期が良かっただけにまるっと残念。もう少し丁寧に作っていただきたかった。また、その続編は映画化がされるとのこと。うん、いや、観るんだけどさ。

 

【アニメ感想】かげきしょうじょ!!(評価レビュー:A)

かげきしょうじょ!!、視聴完了。考察というか、評価や感想を書いていく。

 

本作、ネット上の評価が高かったのとパッと見で「これはハズレないだろうな」と思い視聴開始。非常に高評価でした。原作は少女漫画です。

以下総括。

  • 良く出来た群像劇で丁寧な作り。
  • ひと昔前の少女漫画によくあるイジメなどのシーンはほぼ無く、少女たちが助け合って成長するストーリーで好印象。
  • ただ、ラストは「この物語は始まったばかり」的な感じなので、次回にも期待したい。

kageki-anime.com

 

宝塚音楽学校に入学した少女たちの物語

大正時代に創立された「紅華歌劇団」は、未婚女性達のみで構成され、美しい舞台で人々の心を魅了する劇団である。神戸にある劇団員の育成を目的とした「紅華歌劇音楽学校」では、毎年難関を突破した女学生が入学してくる。渡辺さらさをはじめとする第100期生は、希望や葛藤を抱えながら未来のスターとなるべく、日々奮戦する。

Wikipediaから引用させてもらったが、あらすじは上記。「紅華歌劇団」とあるが、所謂宝塚歌劇団である。入学するだけでも狭き門ではあるが、本作は少女たちが入学してからどのように成長していくか、を描いている。

f:id:takerururu:20211105003745p:image

 

少女たちが助け合って共に成長していくストーリー

ここが一番良かったなと思いました。

本作、原作は少女漫画である。「宝塚」「少女漫画」という要素から、「あーひと昔前の少女漫画にありがちな先輩からのイビリや同期からの嫉妬によるイジメとかがあって、でも主人公は強く立ち向かっていく、みたいな内容かなぁ」と勝手に想像していた。

 

この点は良い意味で裏切られた。多少、イビリのような描写はあるが、凄惨なものではなくマイルドに仕上がっている。やはり、ハラスメントに対して敏感になっている現代において、そのような表現はしないのだろう。(私自身もイジメなどの描写は非常に苦手なので、昨今の風潮は歓迎している。)

 

先輩、同期とも最初は衝突などはあるものの、最終的には少女たちがそれぞれの持ち味を出しながら、それを認め合いながら、助け合って共に成長していくストーリーであった。

f:id:takerururu:20211105003756p:image

 

良く出来た群像劇

本作を一言で表すならば「良く出来た群像劇」であると思う。

各キャラクター達にフォーカスを当てた話を1~2話使用し、生い立ちや歌劇団を目指した背景などの内面を描いていた。この内面の深堀が良く出来ている。狭き門である音楽学校に入学出来た選ばれし乙女たち。だが、この若さで進路を決めてしまったが故に、それによる悩みや葛藤がそれぞれあり、その内面を重くなり過ぎず軽くなり過ぎない丁度良い塩梅で表現している。

 

当初は「女世界のスポ根アニメ」をイメージしていたのだが、これも良い意味で裏切られた形であった。

 

 

「この物語は始まったばかり」で続編に期待

ただ、各キャラにフォーカスを当てた群像劇であるため、なかなかメインストーリーが進まない。1クールなのでちょっと不安はあったのだが、案の定「この物語は始まったばかり」的な感じで終わってしまったのが残念なところ。

 

 

さすがに二期あるだろう、とは思っているのだが、2021/11時点では続編の報知は無し。二期を期待してますんで、制作陣の方々、何卒よろしくお願いいたします。

【ラノベ感想】なれる!SE2 基礎から学ぶ?運用構築(評価レビュー:A-)

なれる!SE2 基礎から学ぶ?運用構築、読了。考察というか、評価や感想を書いていく。

 

本作、まさに私がSEを志して就職活動をしている時に刊行され、ずっと気になっていたのだが、なぜか今まで読んでいなかった。そして、無事にSEになって早10年。夜勤明けに軽いラノベが読みたくなり、なんとなく「なれる!SE」を手に取った*1、という経緯である。

今回はその第2巻です。

以下総括。

  • 分かりやすい設定、軽快な文章で読みやすい。(以前から変わらず)
  • 新たなヒロインとのベタな恋愛要素がゾクゾクする。
  • 開発部門と運用部門のいざこざが話のメイン。思うところ多し。

nareru-se.dengeki.com

 

前巻の記事はこちら↓ 

takerururu.hatenablog.com

 

開発部門と運用部門のいざこざ

今回のメインストーリーは、開発部門と運用部門のいざこざである。システムエンジニアリング部(SE部)の主人公桜坂は、オペレーションサービス部(OP部)の姪乃浜と出会うところから物語が始まる。以前よりSE部とOP部は犬猿の仲。本作でもがっつり衝突。

私は開発部門にしかいたことが無いのだが、開発部門の中でも運用系の仕事をすることが多くなり、双方の気持ちを知ることが出来た気がする。

開発案件をがっつりやっていた時は、運用担当は何かと文句が多い、そもそもプロジェクトを予定通りリリースすること自体大変なんだから、ワークアラウンドで回避できるものは快く引き取ってほしい、とか思っていた。

最近では運用系の仕事も多く、システム保守を担うことも多いのだが、リリース後の戻し手順が無いってどういうこと?手順があったとしても戻し発動の基準が曖昧過ぎるんだけど、とか開発部門に文句たらたらである。

やっぱり、立場変わればなんとやらである。一度は開発も運用も経験しておいた方が良い、という普通のことを改めて感じました。

 

新たなヒロインとのベタな恋愛要素がゾクゾクする

 

本作で一番言いたいのはコレ。主人公の桜坂の何気ない言動により、新たなヒロインの姪乃浜が勘違いをし始めて主人公を好きになっていくという流れ。非常にベタなのだが、こういうので良いんだよ。やたら複雑な設定は要らないのよ。古典的な恋愛要素を見せつけられてゾクゾクしていた。

 

 

前作と同様に、文章量は多くなく、さっくり読み終えることが出来ました。非常に読みやすくおススメです。全16巻ということなので、このまま次巻継続。

 

次巻の感想ブログ↓

takerururu.hatenablog.com

 

*1:電子書籍だけど。読みたい、と思ったらすぐに読めるので本当に良い時代になったものだ。