調査役から一言

アニメとか闘病記とか

【アニメ感想】岬のマヨイガ(評価レビュー:B)

映画「岬のマヨイガ」、視聴完了。考察というか、感想や評価を書いていく。

 

ちょっと映画を観に行ける時間が出来て、ちょうどやっているアニメ映画が本作だったのでそのまま視聴。正直、あんまり評価は高くないです。記事もさらっといきます。

以下総括。

  • 別に悪くはないけど、見所があまりない作品。

もう言いたいことは以上です。

misakinomayoiga.com

 

被災して居場所を失くした少女たちが古民家に集まって暮らしていくお話

内容を話してしまうとネタバレになってしまうので、触りだけ。

本作は「ずっとおうえんプロジェクト 2011+10」という東日本大震災の支援プロジェクトによって作られたものである。被災後に居場所を失くした少女たちがお婆さんに連れられて”マヨイガ”と呼ばれる古民家に集まり暮らしていく、というお話。

全体的にハートフルな雰囲気。伝承などがストーリーの核であり、ジャンルとしてはファンタジーになると思われる。

 

別に悪くないんだけど、見所が無い

本作、支援プロジェクトの一環でもあり、文化庁からお金も出ているのでクオリティは特段問題ない。ただ、常に淡々としており作画などに緩急が無い。

 

キャラクターに関しては如何ともし難い設定である。主人公のユイは父からのDVを受けて家出をしている。8歳のひよりは両親を事故で亡くした後、親戚の家に引き取られるも震災で再度独り身になる。こんな悲しい設定にしなくても、、と思ってしまった。

そんな2人の少女の前に謎の老婆が登場し、実祖母のふりをして2人を引き取り古民家で共同生活を送る。被災直後の緊急事態とはいえ、見ず知らずのババアについていくのはいかがなものだろうか。もっと行政を頼った方が良いのではないだろうか。

 

また上述したように本作は東日本大震災の支援プロジェクトである。ただ、作中では被災した人々の疲弊した心につけこんで陥れようとする輩が出てくるわけだが、震災支援がテーマなのに被災者を更に陥れてどうする。

 

そして、ラストは大蛇とババアの一騎打ちである。こんなシーン、誰が観たいというのか。

 

 

総じて、何を伝えたかったのか良く分からない作品だなと思いました。でもクオリティは悪くないのよ。逆に気になった人は観てみてください。