調査役から一言

アニメとか闘病記とか

【アニメ感想】映画大好きポンポさん(評価レビュー:S-)

劇場アニメ「映画大好きポンポさん」、視聴完了。考察というか、感想や評価を書いていく。

 

原作はpixivに掲載された漫画。映画を観に行ける時間が作れたので何か劇場アニメでもやってないかなぁと思い、辿り着いたのが本作。原作は存じておらずタイトルはふざけていると思っていたが、ネット上の評価は非常に高かったので観ることに。はい、非常に素晴らしかったです。良い作品に出会えました。

以下総括。

  • 映画プロデューサーとアシスタントのお話。目新しい設定。
  • 全力疾走の90分。痛快であり爽快。
  • 話をかき乱す悪者はおらず、バランスの良いキャラクター達。

pompo-the-cinephile.com

 

映画プロデューサーとアシスタントのお話

映画の街「ニャリウッド」で敏腕映画プロデューサーを務める”ポンポさん”。そのアシスタントである”ジーン”が主人公。ジーンは映画好きが高じて映画制作会社に入社する。ある日、ポンポさんから制作中映画の15秒CMを作るように指示される。結果、主人公の才能が開花して映像作りに没頭する日々が始まった。

というようなストーリー。要素としては「ボーイミーツガール」の「サクセスストーリー」であり王道。ただ、”映画プロデューサー”という設定が本作の目新しさを感じる部分である。

 

本作の制作スタッフ陣は公式HPで以下のように紹介されている。

監督と脚本を務めるのは『劇場版「空の境界」第五章 矛盾螺旋』、『GOD EATER』などを手がけてきた 平尾隆之 。キャラクターデザインは『ソードアート・オンライン』シリーズ、『WORKING!!』の 足立慎吾 。アニメーションは『この世界の片隅に』チームが立ち上げた新進気鋭の制作会社 CLAP が担当する。

決して悪くないしむしろ良い方だと思うのだが、若干インパクトは足りないか。と視聴前は思ったのだが、視聴後としてはこの方々の代表作に本作が入るのではないかと思ったほどであった。

 

全力疾走の90分

本作は上映時間が「90分」というところに意味を見出している。娯楽が溢れた現代において2時間を超えるような旧来の映画はそぐわない、と作中で言及されているが私はこの意見に非常に共感している。TikTokなどの刹那的娯楽に慣れている現代人にとって、映画そのもの自体が「展開が遅い」という感想になってしまうのではないかと思っている。それが良い悪いというより、多感な時期に触れあったプラットフォームの違いなのかなと。

若干話が逸れたが、90分映画となると表現しないものを決めていかなければならない。実際、主人公も作中でこの点を苦しんでいたが本作の制作に関しても同じような境遇であったと想像する。

まず「緩急」が無いと感じた。基本的に”急”であり90分全てを全力疾走していたイメージ。2時間超の映画であると緩急が無いと疲れてしまうし展開が乏しくなるが、本作は90分という枠をうまく使っていた印象。

またキャラクターも良い。名前のある登場人物は少なめにしており、観終わった後に「結局アイツは必要だったのか」と思われるようなキャラはもちろんいない。そして全員が協力的なキャラクター達であり、物語をかき乱してくるような尺が必要なキャラ設定も無い。この点もうまく90分で収められる内容に出来ているポイントであると感じている。

 

 

観終わった後「あー、もう一回観たいな」と久々に思わせてくれる作品でした。タイトルは若干ふざけてはおりますが、非常に練り込まれた作品であり是非とも皆さんに観ていただきたい。