調査役から一言

アニメとか闘病記とか

【アニメ感想】魔女の旅々(評価レビュー:B)

魔女の旅々、視聴完了。考察というか、感想や評価を書いていく。

 

2020秋アニメ、1クール、重すぎず軽すぎず、ということで、「魔女の旅々」に辿り着いた。ネット上の評価は良。私からの評価はギリギリ良、といった具合。

以下総括。

  • 非常に繊細な背景美術。安定した作画クオリティ。
  • ストーリー構成は、1話1国の「キノの旅」方式。
  • ただ、ピークは第1話。以降は何とも言えない話が続く。

majotabi.jp

 

魔女が旅する1話1国のストーリー構成

魔法が存在する中世ヨーロッパあたりが舞台。

「魔女になって世界を旅したい」という夢を持つ主人公。努力の結果、史上最年少で”魔女見習い”に合格。正式な魔女になるためには、魔女見習いになった後、魔女に弟子入りし認められなくてはならない。ただ、優秀な成績で魔女見習いになった主人公に対して、周りの魔女たちは煙たがり*1、主人公の師匠探しは難航する。

そこへ、街外れに風変わりな魔女がいると聞き、主人公は弟子入りを志願するのだった。

という形で第1話が始まる。

 

この第1話から非常に繊細な背景美術が繰り拡げられている。本作の穏やかな雰囲気とこの背景美術が見事に調和している。この第1話の中で、日常パートと戦闘パートがあるのだが、戦闘パートの臨場感のあるカメラワークや音響が素晴らしい。また、日常パートとの緩急をうまく使っており、非常に良い出来になっている。もっとフワフワ系アニメだと思っていたのだが、見応えのある作品に仕上がっている。

 

その後、第1話のラストで魔女となった主人公は世界を旅するのであった。

ということで、第2話以降は主人公の旅パートが始まる。キノの旅を想像してくれると分かりやすいと思うのだが、基本1話1国一期一会アニメとなる。ただ、この第2話から急減速。最後まで持ち直すことは出来ず、凡作で終わってしまった印象。第1話が非常に良かっただけに残念。

 

「旅」の良さが伝わらなかったかな

まず、1クール内の構成が良くない。第3~4話に関しては、序盤のくせに暗い話が連続する。序盤は明るい話で視聴者を惹き込んでいく必要があったと思う。第5話以降は薄い/軽い話で終始する。(ただ、なぜか第9話については妙にキツイ話を持ち込んできた。これはこれで刺激があって、ある意味良かった。)

 

こういうストーリー構成を取るからには、何かしらのメッセージ性が必要だと思っている。ただ、本作は上述したように薄い話も多く、何を伝えたかったのかがよく分からなかった。「人々との出会い」、所謂一期一会のようなものが醍醐味だと思うのだが、メインキャラが何回も出てきて、その国の人たちとの交流が少なく、旅の良さが伝わらなかった。したがって、視聴者側は作品に愛着が沸いて来ないのだ。

 

 

総じて、惜しい作品だったかなと思います。ただ、OP曲は非常に良かったです。

魔女の旅々 (GAノベル)

魔女の旅々 (GAノベル)

 

*1:問題児ならまだしも、優等生を弟子に取りたがらないとか、組織として健全ではない。