調査役から一言

アニメとか闘病記とか

【アニメ感想】ルパン三世 PART5(評価レビュー:A-)

ルパン三世 PART5、視聴完了。考察というか、評価や感想を書いていく。

 

あまりルパン三世を真面目に観たことは無い。もちろん子供のころから教養?として知っており、いくつかの映画をテレビでやっていれば観た時もある。でも最初から最後まで確りと観た記憶はない。所謂、「古典」アニメの印象。

2015年あたりに「ルパン三世 PART4」が深夜アニメでやっていて、最初の数話を観たのだが、「なんかオシャレなアニメだねぇ」くらいの評価。

f:id:takerururu:20200304005741p:imagef:id:takerururu:20200304005752p:image

 

ルパン三世は既に時代遅れなのか?」

同僚より以下の趣旨のLINEが来る。

  • ルパン三世 PART5が面白い
  • 古式ゆかしいルパン三世と現代的なテーマを融合
  • その上で、「ルパン三世は既に時代遅れなのか?」というテーマを提示
  • これにルパン一味は向き合い、答えを出していく
  • この過程をコミカル・シリアスさを織り交ぜて描いている
  • ルパンファンにも、まだ観たことが無い人にも見てほしい一作

 

総合的に良質なアニメ

同僚にここまで言われてしまってはさすがに観ないわけにはいかないだろう。冒頭で記述したとおり、ルパンは守備範囲外なるも、ちょっと挑戦する感覚で視聴開始。

一言で言うなれば、「総合的に良質なアニメ」だろうか。時代遅れなのか?というテーマに関して、もっとキャラクター達が視聴者に問いかけるようなメタ発言かと思っていたが、それぞれのアイデンティティは何か?という自身への問い、という形であった。

確かに、キャッシュレスが進んできた世の中で、盗みを働くというのも物理出来ではなく、ハッカーという形の方が自然なのだろうか。銃だとか刀とか必要なのだろうか(まぁそう考えると最初から刀はいらんか)。かと言って、いらんな、では物語にならないし、視聴者も望んでない。世の中がどうであろうが、自分自身のスタイルを信じて肯定していく形で本作は着地するものの、今後のルパン三世の展望として製作者側からの課題提起をしたのだなと感じる。

終始高水準の作画や背景。次回への引きが入るクリフハンガー構成で、次の話を観たくなる欲求に駆られる(彼方のアストラの記事でも同じようなことを書いたが)。最後も非常にキレイにまとまっていた。

(が、同僚が熱く語っていたような特別感はそこまで感じ取ることはできなかった。)

 

閑話休題の話を是と取るか非と取るか

「是」だろうか。

本作はメインエピソードが4パートあり、その合間にメインとは連結しない一話完結のサブエピソード(所謂閑話休題のような話)が入り込むという構成を取っている。これの是非が分かれるだろう。明らかに脚本家も違うし、作画もちょっと趣が違うし、何よりもメインエピソードとのキャラ設定にブレが生じている。ここに関して同僚は苦言を呈していたが、そこまで気にならない、というか気にしない、というか閑話休題なんだから別に何でもよい、というスタンスでいれば特に問題ないかと。前向きな「是」というよりかは、「非」ではないよね、という感じ。